2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11







  お仕事情報
★掲載情報★
10/20配信のモバフラ43号にて「私はSに逆らえない」第3話配信予定
(↑モバフラ公式サイトでの配信予定日です)

★新刊情報★
10/10頃 FCα「ひとりじめ~調教願望~(10)<完結>」発売
(↑「調教願望」73~78話収録です)

★その他情報★
★dブックなど一部の電子書籍サイトでは
FC未収録の読切なんかも配信中です
★単行本は電子書籍版もあります
↓10巻(完結)発売中です

無し無し戦法

どうしたらもっと色々効率よくいいカンジに描けるようになるかな~と考えた結果、原稿製作過程でやらなくなったことが2つあります。

一つは下描き。
実は3話めか4話目くらいから、下描きしてません(・_・;)
かといってイッパツ描きともちがうんですけど、まぁ例えば目のアップだけ、とかならネームの絵を拡大したものをアタリ代わりにして描いて、もうちょっと複雑なものだとアタリだけ描いてペン入れて、ヘンだと思ったら消して、なおして…。
私はアナログ時代の下描き、線一本で描くタイプで細い線を重ねないんですよね。
だからパソコンでも最初鉛筆ツールで線一本の下描きを描いてたんですが(こんなカンジ↓)、

よくよく考えたら線一本で描くなら最初からペンツール使えばええやん、と思って。
担当さんにもお話したら確かにそうだね、ってコトで、今は線画でチェックを受けています。
PCなので修正容易だし、少しなら拡大縮小もできるのでむしろアナログよりなおしやすい!

もう一つはプロット。
これは15話からなんですが、プロット書くのやめました。
(プロットって、ネーム前に文字で内容をまとめたものです)
私プロット→ネームでまぁまぁ変えたりするし…。あと、「話の流れ」に縛られたり、話のための話になったりして、私の場合ちょっとよくないね、ってコトで。
なんか文章で読んだカンジでおかしくない話にしようといういらん回路が働いちゃうんですよね…。
あと、そもそも文章書くのが苦手だし無駄に長くなるし。
普通プロットをふくらませてネームを作ると思うのですが、私の場合長すぎるプロットを圧縮する作業になってしまいがちで…。
なので、担当さんと口頭で「こんな話」というのをざっくり話し合って、それをネームにする形になりました。
結果、すごくやりやすいです!「このページ数でこのエピソードいれなきゃ、それからアレもいれなきゃ…あ、今思いついたコレは絶対入れるべきだけどそしたらまたページ数が…」という苦しみから解き放たれた気がする(笑)。
流れだけ決めて、キャラクターに自由に動いてもらう…そんなカンジでネームができるようになればいいなと思います。

色々と、自分にあったマンガの作り方を見つけていくのって大事ですね。
2014年08月15日(Fri) | 日常 | TB(-) | CM(-)